トップ 追記

日々の破片

著作一覧

2022-09-10

_ バグダードのフランケンシュタイン

バグダードのフランケンシュタインをイラクの小説って読んだことないから(千一夜物語は別だろう)買って読んだ。

フランケンシュタインといっても博士のことではなく怪物のほうだろうと思って読み始めたが、まったく予想外の物語が展開されて驚いた。

舞台はフセイン政権壊滅後の米軍が駐留中のバグダードだ。そこら中で自爆テロが発生し、民兵同士の銃撃戦がある。

爆弾テロによる死者は五体バラバラで下手すると単なる肉片だけとなる。

すると土葬文化(ということは概念的には完全な肉体が死者には必要という思い込みが根底にあるはずだ)の彼らにとって、死者たちはどうにも言いようがない状態に置かれることになる。

すなわち死体なしの人間の死にいかなる存在証明があり得るかを主題とした文学作品だった。

主人公は複数存在する。親しい友人であり事業パートナーを自爆テロで失った古物商。彼は、ばらばらになった死体をつなぎ合わせて完全な人体を持つ死体を作ることで失った友人を正しく埋葬したいと願うのだが、各パーツは友人ではないので、自分でも何が目的なのかを見失ってしまう。

自爆テロに巻き込まれて死んだ警備員は墓で眠りにつこうとするが、棺の中はからっぽでやむにやまれず町をさまよい、古物商が作った死体の中に潜り込む。

息子が湾岸戦争で戦死した老婆は、遺体が無いことから息子の死に納得できず、帰還を待つ。彼女はキリスト教徒(聖ジョージの絵姿に祈りを欠かさない)で、教会の互助会から年金を受け取ったり神父から世話を受けたりしながら暮らしている。

エジプト人の喫茶店主は、古物商が店で法螺話を繰り広げるのを楽しみにしている。

市中のホテル経営者は破産間際で、向かいに店を構える不動産ブローカーは虎視眈々とホテルを狙っている。ブローカーは政府筋ともつながっていて、所有者不明(爆弾テロで死んだまま誰だか確認できなくて消えてしまった人がたくさんいる)の土地家屋を安く手に入れてうまく商売をしている。

雑誌社で働く記者は観察したすべてを記録しながら上昇志向を崩さない。

これらの人たちのそれぞれの生活の間に、魂が潜り込んで正義の復讐のために殺戮を繰り返すフランケンシュタインの怪物の闘争と自意識が描かれる。怪物は遺体を接ぎ合わせただけなので、1週間もたたずに部品が腐敗して交換せざるを得ない。交換のためのパーツは爆弾テロによって常時供給される。交換する都度、そのパーツの持ち主の意識によって新たな敵が見つかる。そのうち、不正義である敵も正義である自身も区別がつかなくなってくる。

主題は陰鬱だが、語られる物語はテンポが良く、出てくる事物も考え方も新たな文化的な発見があり実におもしろかった。

バグダードのフランケンシュタイン (集英社文芸単行本)(アフマド・サアダーウィー)

・で、ふと思ったが、刺青文化のうちいくつかはパーツとなった遺体の持ち主の存在を認識させるためのものかもしれない。熊に食われた残骸や鮫に食われた肉片から、あるいは敵対組織によってばらばらにされた部品から、仲間や家族にああ彼は死んだのだなとわかってもらうためのマーカーとしての役割はありそうだ。


2022-09-03

_ GE帝国盛衰史

なんとなくおもしろそうだし、シックスΣとかジャックウェルチとか、なぜか損保会社になっていたりとかは知っているので買って読んでみた。

おもしろかったが不愉快千万でもあった。

というか、今頃になって、「鉛筆なめなめ」というビジネス用語の意味がわかった。適当なプレゼンのための材料をつなぎあわせて実際の業績と無関係にバラ色の成果と計画を株主に示して企業価値を高めたり部署の成果をでっちあげることなのだな。

産業の技術的発展という側面からはまったく無価値で非本質的な作業に賢明な人たちが鉛筆をなめなめする下劣極まりない話である一方、資本主義的にはいかに鉛筆をなめて(研究によって技術革新することでも技術によって革新的な製品を作ることでもなく)企業価値(というのは株価のことだ)を高めるかが企業活動の本質であるという(むしろ資本主義においてはこちらが本質そのもの)ことのケーススタディとしておもしろい。

GE帝国盛衰史――「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか(トーマス・グリタ)


2022-08-13

_ スラムドッグミリオネア

シアタークリエでスラムドッグミリオネア。

子供が観てきておもしろかったというので話を聞くと、クイズ番組に出場したスラムの少年が人生を巡る冒険の中で出会ったさまざまな理由から、全問正解するのは不可能と思われていたクイズ番組に見事優勝して、その理由を人生と共に辿り直す物語と教えられる。

え、スラムドッグミリオネア(という映画の名前は知っていた)って、もしかして「ぼくと1ルピーの神様」なのか? と記憶が甦る。

ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス)(ヴィカス スワラップ)

今は跡形もない外苑前のビブロで「ぼくと1ルピーの神様」の単行本が平積みになっていて、はて? 1ルピーということはインドの小説か? それは読んだことないなぁと手に取っておもしろそうだとは思ったが買い損なってしまったのだった。買い損なった本の記憶は忘れることはない。今でも忸怩たる思いはあるのだ。というわけで、一にも二にもなく観に行くことにした。

主人公のラム役の人は童顔小柄で、おうラムだ、という感じで好感が持てる。

オリバーツイストが引っ掛かるスリの親分をもっと悪くしたような親分の家での追っかけっこは親分と子分2人、逃げるラムと友人によるパルクールでおもしろい。

子供は2幕のタジマハールの歌が良いといっていたなと思いながら2幕が開くとインド映画風にタジマハールの前でどんがどんがとした合唱と群舞で、はて? と思う。が、その後の知り合った娼婦との2重唱で、あ、こっちかと気づく。

悪の片棒担ぎのクイズ番組の司会者が自分の人生を託して死に向かうところは良い。

クイズ番組の異様な司会者といえば国民クイズを嫌でも思い出すが、シベリアで凍えるかわりにスラムの路地裏で射殺死体となって転がることになる。

今の日本では知らないが、テレビのクイズ番組ってのは夢と陰謀が渦巻く想像をかき立てる存在だったのだな。

国民クイズ 上(杉元 伶一)


2022-08-12

_ ブラックライダー

BSでやったブラックライダー(70年代初頭の映画)の録画を観てびっくり。正直黒人の西部劇珍しいな程度の興味で観たのだが、シドニーポワチエが映画作家として実に見事な手腕で驚いた。よく観れば、遠くから映して徐々に近づいてアップで表情、そこからロングにして何が起きているかを示し、またアップ、の繰り返しなのだが、バランスが抜群。観ていて全然弛緩がない。

マウスハープだと思うのだが、ビーヨンビーヨンみたいな気の抜けた音楽が入りまくるのでオフビートっぽくもあり、ハリーベラフォンテとシドニーポワチエの軽口の応酬が楽しいのだが、内容は殺伐としていて、そのアンバランスがまた良い。

物語はミシシッピーからモンタナへ移住しようとする黒人(南北戦争後なので解放されている)の幌馬車隊の案内人に雇われたシドニーポワチエ、ミシシッピーの農園主に雇われてこれらの黒人を連れ戻してこき使おうとする白人グループ(言うこときかない黒人は容赦なく殺し、移住を阻止するために家畜は殺戮、苗や種は燃やしまくる、あまりに殺しまくるのでKKKの原初の姿のようでもあるし、確かKKKは黒人の労働力を縛り付けることを目的として結成されたはずだから、おそらくそうなのだろう)、法の番人として解放奴隷の人権を尊重する保安官(端役)、いかさま伝道師だが縁あってシドニーポワチエと行動を共にしてついには銀行強盗までするハリーベラフォンテ(声といい演技といい抜群。歌を歌うわけではない。最初は全裸で帽子でちんこを隠して登場といういけてる歌手とはまったく思えない扱いなのだが、実に良い味を出している。副主人公のいかさま伝道師といえばトライガンだが、近いものがある)、ポワチエの恋人のルビー(よく知らんが老いてもスパイクリーの映画に出てくる民権運動の闘士(の妻、といっても本人も闘士なのだろう)、白人から土地を奪還するために雌伏しているインディアン(ポワチエとは腐れ縁)の殺し合いで、最後は幌馬車ものの王道で約束の地へ無事に到着する。

大傑作だった。

トライガン・マキシマム(2) (ヤングキングコミックス)(内藤泰弘)


2022-08-11

_ 事業をエンジニアリングする技術者たち

以前いただいたEngineers in VOYAGEの改訂版の「事業をエンジニアリングする技術者―フルサイクル開発者がつくるCARTAの現場」をいただいたので、大喜びでまずは追加されたまえがきと7章と8章を読んだ(実際には追記部分とかいろいろつまみ読みしたり、ついおもしろいのでまるまる読み返したりもしているが)。

(確かEngineers in VOYAGEについての感想を書いた記憶があるのに日記に見つからないので不思議に思ったらツイートして満足してしまったらしい。しょうがないので採録した)

前著でも感じたわけだが「通常の書きおろした文章とも違うビデオを視聴するような読みやすさがある一方、ビデオ的な一方的な語りに堕すこともなく、諸論点が浮き彫りに」なっていることが本書の一番の特徴だ。

技術書としては深堀はないかも知れないが(Howは想像で補うしかないわけだが)、What,Why,Who,When,Whereについてこれほど読みやすく、かつクリアで、本人ではなく読者目線で要点を浮き彫りにした技術書というのは他では見つからない。

この点についてはインタビュアーの和田さんと編集の鹿野さんが抜群だ。

もちろんそれが可能となるには、インタビューイが自分が語るべき内容を隅々まで理解して把握していることは大前提で、その観点からは、なるほどここに登場するエンジニアたちは自分の対象ドメインの事業を「完全に理解」しているのだろう。それがこの会社の強みには違いない。

7章はテレビCMのバイイングシステム化にまつわる苦労話。テレビという本物のマス対象の情報システムがどれだけデジタルではないかという話にも読めておもしろかった。

8章は明らかに白眉で、この章があるから、本書を買いなおす(または買い足す)意味がありそうだ。

8章は、VOYAGEというエンジニア集団企業と、CCIという普通の事業企業の合併によるシステム統合の苦労話がテーマなのだが、圧倒的におもしろいのは企業の方向の違いから来る行動様式の差異についての考察と、その解消のための苦労話だ。

この章を読むと、エンジニアは最初は「普通の事業会社」には入らないほうが良さそうに考えられる。そうではなくエンジニアが事業を回す会社で職業的な見方を養うのが良い。

端的には本書の「VOYAGE GROUP側には『考えながら喋る』ような人が多いんですが。一方、CCI側には『必要な情報をかっちり集めてから決める』という人が多いように思います」という発言が象徴的だ。

とにかくソフトウェアというかシステムというのは生き物で、こちらが想像もしない動きを間違いなくする。であれば、とにかく考えながら世話し続けなければならない。最初にその感覚を養えるかどうかというのはすごく重要なのではなかろうか。逆に言えば、前者から後者へ移行するのは退屈ささえ我慢すれば大した問題ではないように考えられる。が、後者から前者へ移行するにはまず決断と勇気と失敗を呑み込みながら前進する器量が必要(要はプレッシャーをスルーできる考え方)だが、それを後付けで持つようにするのはなかなかの難物ではないか?

・8章で読みにくいな、と思ったのは章扉裏の登場人物紹介で、VOYAGE側のメンバーについては事業部名があるからわかるのだが、CCI側のメンバーについては現職名しか書いていない点だ。現職名のCARTAというのは合併前から存在する元々の持ち株会社でもあるから、CCI側のメンバーではなくシステム統合にあたって持ち株会社から派遣されてきた管理者なのかと考えて読んでいて、なぜCCI側メンバーからの視点をこの人たちが話しているのか? と不思議に思った(途中で明言が入ってくるので、こちらの勘違いに気付けた)。

事業をエンジニアリングする技術者たち ― フルサイクル開発者がつくるCARTAの現場(株式会社CARTA HOLDINGS 監修)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

ジェズイットを見習え