トップ 追記

日々の破片

著作一覧

2022-06-24

_ 駅馬車

BSで駅馬車をやっていたので録画して観た。そういえば数週間前のリオ・ロボもみたので、ジョンフォードとハワードホークスにジョンウェインを配した西部劇の代表作を観たことになる。多分、本当に子供の頃にテレビで観たような記憶がないわけでもないが、まともに観たのはこれが最初だ。

駅馬車が町にやってくる。到着した身重(しかも臨月らしいのだが、そういう厄介な特徴は台詞だけに留まっていてちょっとおもしろい)の婦人は騎兵隊の大尉である夫の駐在地に来たわけなのだが、残念、彼は隣町へ移動した後だった。かくして駅馬車の旅を続けることにする。

一方、町では婦人会が反道徳的な人たちの追放を始めている。

かくして娼婦が町からの追放を突き付けられる。同様に始終酔っ払っている医者も追放される。かくして二人は駅馬車に乗らざるを得なくなる。そういう町だから酒の行商人(なぜか牧師のような服を着ているのでいつも間違えられる)もこの町での商売に見切りをつけて(かどうかはわからん)やはり駅馬車の人となる。というか医者に試供品を飲まれまくる。

その婦人会の親玉の夫は銀行をやっているのだが、今まさに預けられた5万ドルに目が眩み(だけではなく、この町に見切りをつけたのかも知れないし、奥さんが狂信的で気持ち悪くて我慢の限界となったのかも知れないし、ちょうど町の電信が故障したのを奇貨としたのかもしれない)やはり駅馬車に乗り込む(ただし町外れで)。電信が故障したというのはある種の伏線となっていて、やたらと頭取が駅馬車の出発を急がせる理由となっている(が、残念、目的地に着くと電信は直っているのだった)

さらには妙に紳士的に振る舞う賭博師は身重の婦人の護衛を自らかって出て駅馬車に乗り込む。ジョンキャラダインなのだが狐過ぎる。なんとなく七人の侍の久蔵を想起して、こいつは死ぬと思ったら本当に死んでしまった。

南北戦争をどう呼ぶかで、医者と賭博師の間で言い合いがある(というか、医者が反乱というような言い方をすると、賭博師が解放戦争だと言い直すように迫る)。

その頃保安官事務所にはリンゴ・キッドが脱獄したという情報が入ってくる。ということはやつは駅馬車に乗り込むに違いないと保安官も駅馬車に乗る。

アパッチ族が進軍したという情報があるため、騎兵隊が護衛につく。その情報をもたらすのはシャイアン族なのだが、「ていうか野郎もアパッチじゃんか」「ばか、ありゃおれたちの味方のシャイアンだ」というようなやり取りで説明される。

町を出ると案の定リンゴ・キッドが乗り込んでくる。保安官はリンゴのライフルを取り上げる。

という最初の町を出発するまでにすべての物語の前提を凄まじい勢いでまくし立てる。うまい。

そして行く先々ですべて回収していく。

夫を訪ねてきた身重の婦人に対しては、夫が戦争で傷ついたというショックと、ショックによって産気づいて、医者が取り上げて娼婦が赤ん坊の面倒を一生懸命みる。

たった17歳で収監されていた(おそらく女性を知らない)リンゴ・キッドはその姿を見て結婚をもちかける。

渡し舟はアパッチに破壊されているため、馬車に浮きをくくりつけ、馬に渡河させる。本当にこういうことあったのかなぁ?(馬車は木箱だからできなくはないだろうけど)

アパッチが襲撃してくる。馬車に追いついた一人が馬にまたがり馬車から外そうとする。が、保安官かキッドに撃たれる。それでもしがつみくのだが、さらに撃たれて転がり落ちる。その上を後続の馬が駆け抜け、おまけに馬車も通り過ぎる。すげぇアクションだ。

南軍の矜持と貴族的な振る舞いにやたらと気をつけている賭博師は南部の大物の子弟だということを最後にぽつりと呟きながらフラグ通りにアパッチの襲撃で受けた銃弾で息を引き取る。

頭取は逮捕される。

婦人は蔑んでいた娼婦に対して心からの謝意を述べる。

保安官はキッドの復讐を見て見ぬふりをする。そしてキッドは父親と弟の仇を討つ(早打ち合戦はまったく描写されずにライフルの音が1発、拳銃の音が1発、さらにライフルの音が2発聞こえる)。

医者と保安官はキッド夫婦を送り出す。

なるほど、これは誰が観ても傑作としか言いようがない作品だった。

駅馬車(字幕版)(ジョン・ウェイ)


2022-06-19

_ ガイズ&ドールズ

子供の父の日プレゼントで帝国劇場にガイズ&ドールズを観に行く。

舞台はニューヨークはブロードウェイ、1930年代。通りにはばくち打ちがたむろしていて、時折救世軍の行進が通る。

まず舞台のギミックがおもしろい。

主なシーンとなる街角(救世軍の伝道所がある地下へ通じる入口があるビルと、地下鉄の入り口がある)、救世軍の伝道所(というわけで、前のシーンとこのシーンで舞台が上下する)、飛行場のタラップ、飛行機、ハバナのクラブだが、行きのタラップと飛行機のつながりがおもしろいと思ったら、帰りはもっとおもしろかった。タラップが下がると街角の地下鉄の入り口になる。さらに、やたらと広い下水道。幕を閉めるとその手前が14年間も婚約状態のまま放置されている歌手(男が真人間になったら結婚するという約束をしているのだが、まったくばくちから足を洗わないので結婚できないし、男側も自分がまともに家庭を持つことに尻込みしているのでどうにもならない)のショーの舞台となる。

最初、透過スクリーンに大東宝の映画(シネスコサイズ)の始まりが映される。うまくできているので、透過スクリーンの向こうが本物の舞台となっているとは思わず、よくこんなこった映画を舞台のために撮影したなと驚いた。最後も同様に映画の終映が映される。

この開幕の音楽というか序曲が実に良い。音楽では1幕最後の一番の主人公の女たらしのばくち打ちのスカイと救世軍の軍曹のサラのデュエットが美しい。サラが酔っ払って暴れまくるところの元気いっぱい感が実にうまい。マドモアゼルモーツァルトの人だった。

でも、なんか自分でもよくわからないが、最後スカイに頼まれてたくさんのばくち打ちがしぶしぶながらも楽しそうに救世軍の集会に行くところが実に好きだ。

この作品の登場人物のようなろくでもないが愛すべきでもあるばくち打ちがたくさん出てくる作品を以前読んだなと思い出した。

ブロードウェイの天使 (新潮文庫)(デイモン・ラニアン)

(表題作は病気の捨て子の面倒をしぶしぶながら見る羽目になったばくち打ちが仲間のばくち打ちに助けられながら(もちろんブーブー文句を言われまくりながら)育てる物語で、このあたりの本当はいやでいやでしょうがないというそぶりを見せながらも実は真人間的な真情があってくそまじめに助け合ってしまうところのニュアンスがすごく似ている。だから表題の「天使」はもちろん薄幸の孤児のことなのだが「天使たち」にも通じる)

というか、そもそもラニアンがガイズ&ドールズの原作者だったのかと今Wikipediaを読んで知った。


2022-06-05

_ Object#as_jsonとObject#to_json

以下のようなオブジェクトモデル、クラスAの集合とクラスAのインスタンスをJSON化することを考える(Rails環境)。重要なのはAクラスが自分を保持するオブジェクトへの参照を持つことだ。

class A
  def initialize(caption, data, parent)
    @caption = caption
    @data = data
    @parent = parent
  end
  attr_reader :caption, :data
end
 
class ACloud
  def initialize(items)
    @items = items.map {|e| A.new(e[0], e[1], self)}
  end
  attr_reader :items
end
 
list = ACloud.new([[:a, 0], [:b, 1]])
puts list.to_json       # stack level too deep (SystemStackError)

bundle exec rails r test.rbを行うとスタック深過ぎエラーとなる。まあ、そうなるよね、という結果だ。

ここで自分を保有するオブジェクトへの参照を持つのは実装の都合なので(Aのインスタンスを単体で扱う場合があり、そこから親を取得する必要があるとする)、JSONにした場合は親から復元できるわけだからparentというプロパティは不要だとする。

そこでクラスAを次のように修正する。

class A
  def initialize(caption, data, parent)
    @caption = caption
    @data = data
    @parent = parent
  end
  attr_reader :caption, :data
  def as_json(opts = {})
    super(opts.merge(except: :parent))
  end
end

が、不思議なことにこの場合もstack level too deepとなる。

そこで、as_jsonではなく、to_jsonで直接欲しいJSONを作ることにしてみる。

class A
  def initialize(caption, data, parent)
    @caption = caption
    @data = data
    @parent = parent
  end
  attr_reader :caption, :data
  def to_json(opts = {})
     {caption: caption, data: data}.to_json
  end
end

が、これもstack level too deepとなる。

まさか、to_jsonの呼び出しがまずいのかな? と以下のように変えてみる。

class A
  def initialize(caption, data, parent)
    @caption = caption
    @data = data
    @parent = parent
  end
  attr_reader :caption, :data
  def to_json(opts = {})
    "{\"caption\": \"#{caption}\", \"data\": \"#{data}\"}"
  end
end

やはりstack level too deepとなる。

実はA#to_jsonは呼ばれていないので、to_jsonを変えることには意味はない。

つまり、as_jsonをオーバーライドしなければならないのだが、ここでsuperを呼び出すのではなく、to_jsonを呼び出し可能なオブジェクトに変えると期待している動作となる。

class A
  def initialize(caption, data, parent)
    @caption = caption
    @data = data
    @parent = parent
  end
  attr_reader :caption, :data
  def as_json(opts = {})
    {caption: caption, data: data}
  end
end
(...)
puts list.to_json #=> {"items":[{"caption":"a","data":0},{"caption":"b","data":1}]}

したがって、as_jsonをオーバーライドすれば良いということは間違いない。で、いろいろ試した結果、シンボルではなく文字列を使ってプロパティを指定するということにやっとたどりついた。

def as_json(opts = {})
  super(opts.merge(except: 'parent'))  # => 期待通りに振る舞う
end

が、プロパティ数が上の例のように十分に少なければas_jsonに直接Hashを書いたほうが余計な動作が不要なので良いと思う。

というのは、この例の呼び出しは、ActiveSupport(7.0.2.3の場合)のcore_ext/object/json.rbの59行目からのas_jsonが最初に呼ばれて、次にcore_ext/object/instance_variables.rbの14行目からのinstance_valuesが呼び出され、この時点でプロパティ名の文字列をキーとしたHashが生成され、最終的にcore_ext/hash/except.rbの12行目のexceptでas_jsonのオプションに与えたexceptが処理されるからだ(このため、プロパティ名にシンボルを与えるとHashからの削除処理が無視される。けど、except.rbのドキュメントではキーとしてシンボルを前提としているから、シンボルにしたほうが良さそうな気もするがおそらく互換性問題が出てくるのかなぁ)。

要は捨てるプロパティについても値の取得を行っているから無駄だ。

いかがでしたか、as_jsonのオプションに与えるexceptで指定する除外プロパティには文字列を使うか、またはas_jsonで必要なプロパティを抽出したHashを返す、これで循環参照を回避できる。


2022-05-29

_ バブル

豊洲でバブル。

大コケ作品みたいな評判と声優がだめみたいな情報がおもしろかったので観に行った。

21世紀になってから大コケとか言われるのは大体映画文法的にはおもしろいようだし、声優どうたらと能書きがつくのは大抵の場合過剰演技が好きな人(声が大きい)が騒ぐものと相場が決まっていると考えているから、実際にどうだか観てみようと思ったというのは大きい。

で観てみたらおもしろかった。少なくとも退屈するシーンはなかった。ただエンドクレジットの歌は妙に耳に残るが音的にすかすかしていてそれほど好みではない。

物語はシンプルだ。

最初凄い速度で背景が説明される。そのスピードたるやクリントイーストウッドの映画を凌駕するのだが、同じように、そこは作品の興味の埒外ということなのだろう。

で気づくと青い服着た連中と黄色い服着た連中がビルからビルへと飛び移って追っかけっこのようなリレーのような競争をしている(パルクールなのだが、何か別の呼ばれ方をしていた)。それを見張っている黒い連中、旗のところで待っている大人(青い連中のグループでもあるが、外部から内側の調査のために派遣されている連中とわかる)がいる。青いチームのおっちょこちょいの子供が危ない状況でやたらとクールなやつが助け出す。ここで主人公登場。

で青いチームが勝って、それが主人公のヒビキという少年か青年か微妙な男の側だ(作中、東京タワーを中心に大爆発が起きてから10年が経過していて、東京タワーにいるときは小学校低学年っぽいので20歳前くらいか)。仲間には操船技術の勉強をしている口が悪いどうもリーダー格(口の悪さからホワイトベースのカイみたいなのだが、リーダー格)、本物の小僧(13歳くらいかなぁ)などがいる。

で、ヒビキという主人公はそれほどチームメンバーと溶け込んでいないのだが、戦力としてでかいのでリーダーは別行動を気にしない。小僧は小僧っぽく気にしている(いかにも子供らしい性格付けだ)。

ヒビキは唐突に歌が聞こえると言い出して東京タワーに向けて飛び出してしまう。何度か東京タワーに挑戦しているらしいことがわかるが、ある程度の高さから上は重力の乱れが大きいためうまく行かない。今回もやはりうまくいかずに落下してしまう。それをそこら中に漂っている泡の1つが追っかける。

この泡が漂っているのがおもしろい。まず、手の上で弾ける描写があるが、常に大量の水が出てくるから気泡というわけではない。ときどきパルクールの最中に踏み石代わりにできる(ただし難しいらしい)ので、単なる空気の泡ならばそうはいくわけはないので確かに中身はあるのだろう。一方、全体としては重力がありちゃんと落下するわけで、では浮かんでいるのは一体なんだろうか? と考えると、それぞれが引っ張り合ってバランスを保っていると考えると良いのかも知れないし、そもそもそれがなければパルクールができないので置くことにしただけなのかも知れない。

ヒビキは水の中に落ちて、沈んでいた中央線に引っ掛かって出られなくなる。意識を失う。

そこに泡が追いついてくる。泡はさてどうしようかと見まわすと、妙な格好をした少女のポスターが目につく。手足があるので、少年と同じ種族の形態であろうと即座に判断してその形状を真似る。これで助けることができるかも知れない。ではどうやって動かすのだろうか? と、きょろきょろすると川岸にネコがいる。その動作を記憶して再現しつつ、少年を助け出す。

青い連中のところに無事帰還し、名前がないので泡が変身した少女にウタという名前をつける。大人のうちの女性科学者が船内を案内すると、海に関係する(ロビンソークルーソーとか)本棚をウタが気にする。人魚姫を取り出して読んでやる。ウタ、内容とセリフを記憶する。このなんでも記憶能力はすごくて、最終的にはヒビキと一緒に螺旋構造の勉強をしたりして、黄金比の計算(手書きでルート5が出てくる式をオウム貝の横に書いてあるノートが出てくる)までしたりしている。

一方、黄色い連中と黒い連中がパルクールをしているのだが、一方的に黒が勝つ。

青グループでは、見た目は妙な服を着た猫真似をする少女という奇天烈な存在が、飼育している鶏を襲ったもので諍いが生じたりする。(とはいえウタの記憶能力と再現能力はとんでもないので、あっという間にネコの動作はなくなって人間化するのだが)

ヒビキは少し離れた場所に秘密の花園を造っている。そこにウタがやってくる。照れるヒビキだが、ウタは気にせず歌を歌い始める。あ、東京タワーから聞こえてくるのはその歌だ、とヒビキは気づく。ウタ、そのままビルの上の柵を乗り越えて宙に飛ぶ。あわててヒビキが追う。もちろんこの特殊な環境なので夜を駆けたりはせずに、そのまま宙を漂う瓦礫や泡を飛びながらの追っかけっことなる。

このシーンの美しさが抜群で、間違いなくこのシーンのためにこの映画は存在する。ちょうどウルフウォーカーでロビンとメーヴが追いかけっこをする抜群なシーンと同等だ。いやぁ、観に行って良かった。

黒い連中はパルクールの動画配信で稼いでいる連中でスポンサーから送られた特殊なブーツを履いている(着地の衝撃をうまく処理できるのかな?)ことがわかる。その連中が女性科学者を誘拐してパルクール勝負を挑む(別に誘拐なんかする必要はないような気がするが)。ウタも参戦して黒い連中とのパルクールが始まる。

黒い連中の罠にひっかかって青い連中の大半がやばい状況になったところでウタが登場してバトル続行(ちょうと最初のパルクールでヒビキを登場させるのと対応付けたのかな?)。当然ながら青が勝つ。

という調子でほとんどの時間はパルクールで飛び回っているのが主眼となるので、物語は人魚姫にお任せして突っ走る。

東京タワーを中心にした2回目の爆発が発生しそうで、それを阻止するためにはそこまでいかなければならないという状況を作る。

リーダーは勉強していただけあって、船を操舵する。潜水艦が壊れたため漂流していた黒いチームはブーツを売る(買ったばかりの靴を履いてうまく跳び回れるのか? という疑問はあるが、青チームはこれによって戦力が強化できる)。

展望台についたヒビキはそこで、ウタとの出会いが10年前にあったことと、最初の爆発がそれが契機となったことを知る。

とはいうものの、ウタはヒビキを助けるために、自分は泡に戻っていくのだった。


2022-05-25

_ シアターオーブでレント

シアターオーブでレント25周年記念公演。

前回は2016年のクリスマスイブだったから5年半ぶりだ。

自分でも意外なほど舞台の記憶がないのだが(それは映画のほうはDVDで複数回観ているからだからだろう)、記録を見ると同じところで同じように感じていておもしろいというか進歩がないというか、何度観ても楽しいというか、おもしろい。

今回の演者では(と書いているのだが、前回の公演の記憶ではなくどうしても映画のほうとの比較になる)、とにかくベニーが若くて格好もチャラいのが印象的(なんか映画ではレモンを売りそうな格好で、ボエームからビジネスへの転身というベニーの位置づけが明らかではあるが、チャラいほうがどっちつかずの立場に合っていると思う)。歌はコリンズのヒックスという人がでかくて声も太くて本物のコリンズかくあるべしみたいで気に入った。ロジャーやミミも好き。が、2幕冒頭のシーズンズオブラブでソウル風に歌うホームレス役の小柄な女声歌手がやたらと印象的だった。

前回と舞台構成は同じだと思うのだが(舞台下手奥がオーケストラ(ではないが)ピットとか、その上を舞台上とは別の場所を示すとか)バンドの位置以外は驚くほど記憶がない。

ワンソンググローリーは舞台だと切実さが名曲に聴こえる。やはり生身の人間が目の前で歌って演じる分だけ、いかにもいつ死ぬか(当時のエイズは死病も良いところだったからだが)びびりながらも生きている切実さみたいなものが強く感じられるからだろう。

コリンズはコリーネと違って最初にコートを失う。

アウトトゥナイトは高いところで歌い出して、そのまま私を外へ連れてってとマークとロジャーの部屋の扉を開いてロジャーへ詰め寄る動きが、曲のスピード感とマッチしていてすごく好き。そのまま畳みかけるようにI should tell youの曲(アナザーデイかな)になるのだが、どうしてもI should tell youが「愛してる」に空耳するのは変わらない。とにかく、曲としても演出としても舞台としてもアウトトゥナイトからアナザーデイの流れは本当に見事なものだ。この部分は、ヘロイン中毒中のミミ(注射針からの感染でAIDSだろう)の生き急ぎ願望とヘロイン中毒は克服したが恋人を自殺(AIDSを悲観してだろう)で失って本人もAIDSのロジャーの他人を巻き添えにしたくなさとの相克が速いパートとスローバラードパートを繰り返す。見事だ。

演出では、特に高いところで(バーダンスの表現だろうが)ミミが青い髪をぐりんぐりん振り回すとラメがキラキラするところが抜群に美しい。ミミはとにかく青なのだな。

モーリンのオバーザムーンは今となっては一番古臭くいささか辛い(時代的にはローリーアンダーソンあたりのやたらと先進的なメディアアートっぽいポエットリーディングを基調とした曲だということはわかる)のだが、妙に大柄で説得力がある歌手が演じているので、なるほど確かにこれはモーリンで、恋人をプーキーと呼ぶのだなと思わせておもしろかった(タンゴモーリンでプーキーと呼ぶだろう? 呼ばれたことないわの後のモーリンからの電話でジョアンがプーキーと呼ばれるところはおもしろい)。

ミミとロジャーがヘロイン中毒とAIDSなのに対して、モーリン、マーク、ジョアンは三角関係とメディアアート(というロジャーのロックンロールに比べるとちょっとインテリ)と映画とIVYリーグ卒業で親も上流(フランス大使の家でタンゴを習ったというようなセリフもある)の弁護士という比較的裕福なグループになっている。

もう1つのグループが、エンジェル(クイァの女王でAIDSなのだが登場時はストリートドラマーというかミュージシャンで女王とは思わせないが、その後ロジャーとマークの部屋に来て爆発するToday4Uは名曲だな)とコリンズ(ハッカー――らしいところはほとんど見せないが、最後にATMをハックして金をちょろまかしてくる――はともかくやはりAIDS)のゲイカップルで、2番目のグループ以外はAIDSが共通項になっている。

2幕はごちゃごちゃした末に秋風が吹くころにエンジェルが死んで散り散りになり、しかしミミが死にかけたホームレス化したことでみんなが集まってくる(と、本家のラボエームと同じようになる)。

微妙なところで拍手する人がいないのは、どうも訓練されたレント好きが集まったようだ(多分、最初のうちは間違えて拍手する人がいただろうなぁと思う。ちょっとスクリアビンの法悦の詩みたいだ)。

カーテンコールでエンジェルが下手から飛び出してきて加わる。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|

ジェズイットを見習え