トップ «前の日記(2003-07-09) 最新 次の日記(2003-07-11)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2003-07-10

_ Struts 1.1

1.1rcのまま突っ込んじゃおうかと一瞬考えたが、まあ、リリース版にしとけってことでやってみたら、いきなり、GenericDataSourceのClassNotFoundExceptionを喰らってActionServlet#initでこけてしまう。

<dataSource type="oracle.jdbc.bpool.忘れたCacheImpl">で、typeの上書きしてるし、DataSourceConfig.java見ても、Genericなやつは単なる文字列定数としてしか定義してないし、なぜ返るかはわからない(ことは本来ないんだが、調べる前にログを消しちゃったし、再現させるのは簡単だが、それほど閑でもない)。いちいちlegacyなんて名前のjarをWEB-INF/libに入れるのもイヤンな感じだし、面倒なんでlegacy.jarをshared/libに突っ込んでこの件は2週間ほど忘れることにする。

_ AppDomainとClassLoader

これなんか、名前付けの勝利だろうな。ClassLoaderってそのものズバリ過ぎて、多分、AppDomainと比べるとイメージが湧かないと思うのは、こっちの想像力の不足かも知れないが。

_ 会社をやめた人

文章力があり、分析能力(自己に対しても)がある人間が、会社をやめた理由を書いて公開する。だから、本来、非常に個人的な視点からしか書かれないような内容が、強い普遍性を持つ。しかも、それを読むことができる。どう考えても世界は前進しているなぁ。

_ Struts 1.1(続)

つい調べちゃった。 org.apache.struts.action.ActionServlet#initModuleDataSourcesの1084行目。
                if (ds instanceof GenericDataSource) {
                    ((GenericDataSource) ds).open();
                }
ここで指定していえるGenericDataSourceは、org.apache.struts.util.GenericDataSourceで、このクラス自体は、struts.jarに入っているので一見問題なさそうに見える。 が、しかし、
public class GenericDataSource extends org.apache.struts.legacy.GenericDataSource {
お〜い、実装継承しているよ〜。 これじゃあ、何のため、legacyパッケージに切り分けたのか訳ワカメちゃん。 では、どうすれば良いか考えてみる。 やりたいことは、GenericDataSourceというクラスをlegacyとして、排除したいが、そのクラスを利用しても良いし、利用した場合には、GenericDataSource#openを呼び出す必要が(多分、そこまで調べない)あるということだ。 この場合は、
pakcage org.apache.struts.util;
public interface GenericDataSource {
 public void open();
}
として、legacyのほうで、
public class GenericDataSource implements org.apache.struts.util.GenericDataSource {
とすればいいんじゃないか? これなら、実際にlegacy GenericDataSourceを使う必要がなければ、クラスローダの手をわずらわ必要もないし。 と、ここに書いてもしょうがないが、Googleしても話題になってないとこ見ると、こんなとこに引っかかるのは、僕だけなのかな。というわけで、特にBugtrackとかに報告しなかったりして。

2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

ジェズイットを見習え