トップ «前の日記(2009-03-13) 最新 次の日記(2009-03-15)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2009-03-14

_ 角田喜久雄の捕り物帳

本棚整理シリーズで、股旅の次は捕り物帳。

どえらくおもしろかったが、こういうのがたとえばコナンとか金田一少年になったと考えれば、別段、なくなったからといっても大した話ではないな。

それはそれとして角田喜久雄の才能は図抜けていると思った。とくにいろはの左近シリーズの語りのうまさは飛びぬけている。

怪異雛人形 (大衆文学館)(角田 喜久雄)

怪異雛人形は、途中で犯人がわかるけど、それを含めて巧妙な語り口。それよりも、鬼面三人組での人々の立場とそれによるところの行動やしゃべる内容の組み合わせの妙とか。推理ものの場合、当然、後で探偵が*という*から*が怪しいとにらんで、*によって確証と変わったってような能書きが最後に入るのだが、それを後から読み返してみた場合の描写力ってのがあるとして、いろはの左近の場合、種明かしと無関係にごく自然に描かれているのが妙味となっている。というか、左近という同心の作り方が魅力的というのがでかいのかも知れない。女形同心も良かった。もっとも、極初期作品という東照宮の鐘の陰惨な話はさすがに辛い(筋優先で遊びがなさすぎ)。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

ジェズイットを見習え