トップ «前の日記(2010-07-13) 最新 次の日記(2010-07-16)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2010-07-14

_ 参院選を振り返って

比例区の名簿というのはなかなか興味深いものがある。

特に、その人物の肩書がおもしろい。

どういう肩書が並んでいるかをみると、その政党がどういうターゲットに向けて政治を打とうとしているかがわかるというものだ。

たとえば、こういう肩書が一位から並んだ党がある。面倒だから党名はいちいち書かないが、肩書からわかるところはすぐわかるのでどうでも良いだろう。いずれも1位から並べているが完全ではない。たくさん名簿に書いてあるところはたくさん並べたし、そうでないところはそうでなく並べた。

  • 党青年局次長・長崎大客員教授〈元〉厚労省職員
  • 党政調副会長〈元〉衆院議員・公明新聞記者
  • 党市民活動局次長〈元〉道議・道職員
  • 党幹事長代理〈元〉経産政務官・国際医療NGO職員
  • 〈元〉外務政務官・経済産業省生物化学産業課長
  • 党参院政審会長・弁護士〈元〉外務副大臣
  • 党文化局長〈元〉文部科学政務官・劇団主宰
  • 党女性委員会副委員長・党広報局次長
  • 党職員

見事に、一人を除いて、すべてに「党」の1文字がつく。すばらしきかな党人選挙というか、その党(というか信ずる対象というか)にあらずんば……という印象を受ける。

一方、こういうのもある。

  • 党首・弁護士〈元〉消費者少子化担当相
  • 自治労大分県本部特別執行委員〈元〉大分県議
  • ジャーナリスト〈元〉衆院議員
  • 〈元〉新社会党中央副委員長・神戸市議
  • 党道幹事長〈元〉衆院議員秘書
  • 党広島県常任幹事〈元〉広島電鉄社員

党人と、労組と、元議員だが、とは言え、最初に取り上げたところほど極端な感じがしないのは分母の少なさに対して、それでも(元議員とは言え)ジャーナリストや会社員出身とか、それなりに世間の風に吹かれていそうな印象を受けるからだろう。

こちらは特徴的。

  • 〈元〉衆院議員・経済産業政務官・財務省開発機関課長
  • 〈元〉衆院議員・外資証券社員
  • 〈元〉首相補佐官・衆院議員・情報紙編集委員
  • 〈元〉日本看護協会常任理事・厚労省職員
  • 女優・介護施設経営
  • 全国老人福祉施設協議会役員〈元〉総務政務官・徳島県議
  • 党国土交通部会副部会長〈元〉建設省近畿地方建設局長
  • 日本薬剤師連盟顧問〈元〉厚労政務官・厚生省麻薬課長

何が特徴的かというと、2番目と同じく元議員が多いのだが、2番目の労組の代わりに協会理事とか経営者/女優といった人たちが混じっていることだ。雇われ者に対して雇う側ということですな。それにしても(元)看護協会理事、厚労省職員とか、元厚労政務官で、今は薬剤師連盟顧問とかって関連なさそうでありそうな職歴だなぁ。天下りのことはなんでも知っているから任せておけって感じ?

少なくとも、この3つの党であれば、おれは勤め人だから、2番目が党派的には向いていそうだなぁ、という感じだ。1番目は狭すぎるし、3番目はなんというか旧弊がそのまま議員になりそうというか(実際、なるわけだが)。

次。

  • ジャーナリスト〈元〉新党日本副代表・新日本出版社員
  • 〈元〉五輪柔道選手
  • 経済産業相〈元〉党政調会長・自動車総連副会長
  • 電力総連顧問〈元〉東電労組副委員長
  • UIゼンセン同盟政治顧問・参院内閣委員会理事
  • 情報労連特別中央執行委員・NTT労組役員
  • 日本郵政グループ労組特別中央副執行委員長
  • JAM参与〈元〉ゼンキン連合副書記長
  • 〈元〉日教組教育政策委員長・横浜市教組書記長

むちゃくちゃなようでいて、それは先頭だけで基本、労組ということでOKかな? これも、勤め人のおれとしては、これまでの中ではもっとも党派的には近いということになる。

で、最後の例。

  • ガソリンスタンド会社長〈元〉富山県議・衆院議員秘書
  • 〈元〉PHP研究所社長・経済同友会幹事
  • 〈元〉経産省職員
  • 〈元〉秋田県知事・旧横手市長・建設会社長
  • 〈元〉衆院議員・首相秘書官・警察庁課長
  • 〈元〉福島県議・会津若松市議・衆院議員秘書
  • 〈元〉新潟大准教授・財務省職員
  • 〈元〉調布市議・日本テレビ解説委員長・キャスター
  • アパレル会社長〈元〉伊勢丹社員

元地方議員、官僚と、社長(エネルギー(販社)、シンクタンク、建設、アパレル)か。というか、社長(元を含む)が多いのが特徴だとは言えるかな。きっと社長達がにっこりできるような政治をするのだろう。でも、官僚出身者も多いのに官僚機構を改革できるのかな?


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

ジェズイットを見習え