トップ «前の日記(2017-04-29) 最新 次の日記(2017-05-13)» 編集

日々の破片

Subscribe with livedoor Reader
著作一覧

2017-05-03

_ 歓び組

図書館に行ってトイレに行こうと入り口を出たら多目的ホールの前に黒地波線が見えて、お、と思ったらまさにジョイ・ディヴィジョンの映画をやると書いてある。時間はあと30分で開場だから、これは見たいと、妻に言おうと戻ろうとすると、向こうから手に何かを持った妻がやってくるのが見えた。

はい、これと持っている紙を手渡されると、まさにジョイ・ディヴィジョンの映画のお知らせだった。

プッチーニやジョルダーノと同じくらいジョイ・ディヴィジョンが好きだということを覚えていてくれたのだった(かって、クリスマスジョイ・ディヴィジョンというふざけたブートレグや、イタリアで出たアングラ歌詞集とかプレゼントしてくれたことがある)。

というわけで文句なく観ることになった。

しかし並んでいるのが全員、単に暇つぶしに映画でも観るかという感じの近所の老人たちで、なんでこの客層に対してジョイ・ディヴィジョンなんだと不思議になる(が、もちろん彼らの青春の音楽だった可能性もあるわけなのだが、本当かなぁ)。

以前、元奥さんのデボラカーティス版の映画のビデオを観たことがあったが、こちらは奥さんのほうは引用だけで、そのかわりベルギーのパンク記者やトニーウィルソン、ピーターフックなんかのインタビューがばんばん入るので、ちょっと雰囲気が異なり、どちらかというとイアンカーティスの自殺の原因を癲癇の発作や、クローザーのすべての原因を自分に求める悲鳴のような詩などに求める感じとなっている。

墓にLove Will Tear Us Apartと銘打たれていることを初めて知ったが、今聴いてもやはり素晴らしい。

こちらの映画のほうがシーンを描いているので、マンチェスターというかって産業革命の地が荒廃してそこから新たな文化が生まれるというストーリーを背景において、有名になりたいチンピラバンドが、あまりのチンピラっぷりにクラブに出させてもらえず、しかし腐らずに練習しまくっているうちに、ベースの低音が良く聞こえない(耳のせいか、練習場のせいかはわからなかった)から高音域を鳴らすことにして、それによって新しいサウンドを持つことができたとか、マーティン・ハネットの異常っぷりによるノイズ混入など(アンノウンプレジャーのシーズロストコントロールのスネアの異様な音はジョイ・ディヴィジョンではなくマーティンハネット由来なのだな。他にもギギギーというエレベータ(と知った)の音も)いろいろ初めて知るエピソードが満載でおもしろかった。

特に異彩を放つのがピーターサヴィルで、アンノウンプレジャーのあの優れたアートワークは、単に音楽のジャケットなんだから波だろうと適当になんかの本からぱくって作って、その時点では聴いてもいないし聞く気もない(が、あとから無理やり聞かされてしびれまくった)とか、同じくクローザーでも適当にぱくって作って(あとから墓碑にしたことを悔やんだり)実におもしろい。というか、どうもピーターサヴィルはルックスがデプレシャンの常連のマチュー・アマルリックみたいで好感が持てる。

ファクトリーレコードを最初に買ったのはパイドパイパーズハウスで、確かその時はデュラッティコラムで、次にアンノウンプレジャーだったから(クローザーはニューヨークに遊びに行ったときに買った)、えらく遠い話だ。

ピーターフックが、やたらとマーティンハネットの音をくさすので、なるほど、おれがニューオーダーをまったくおもしろいと思わないのは、こいつらはジョイ・ディヴィジョンの音をおもしろいと思っていなかったからなんだな、と納得してしまった。

JOY DIVISION (デラックス・エディション) [DVD]

その後、千駄ヶ谷のほうへ回ってOKストアだかに行くと、まるで美術館のように順路が決められていてなんか妙な気分になった。スーパーマーケットは現代の美術館だという言葉があったなぁと思い出したが、誰の言葉だったかは思い出せない。

追記)多分クレプスキュールの前身だと思うが、ヨーロッパで発売されたミニLPをDJ(誰か忘れた)がEPで再生して、それが延々と流れる奇妙なシーンがある。トランスミッションかそのあたりの曲だと思う。明らかにおかしいのだが、その極端なツンノメリ感が映画として必要だったのだろう。で、いけないいけない、ヨーロッパの連中はEPのサイズでLPを出すんだと言って回転数を直す。

かってBEFのマキシEPを最初EPとして再生してあまりの極端な速度にこれは間違ったと考えてLPでずっと聴いていたことがあった。それを友人のN君が回転数が違うと指摘してくれたことを思い出した。


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

ジェズイットを見習え