トップ «前の日記(2021-12-23) 最新 次の日記(2021-12-27)» 編集

日々の破片

著作一覧

2021-12-25

_ 黒牢城読了

荒木村重が籠城中に巻き起こる不可解な事件の解決に、地下牢に閉じ込めた黒田官兵衛の知恵を拝借しながら解決していく安楽椅子探偵ものの推理小説の形式をとった、乱世の梟雄二人の丁々発止のやり取りを描く武士の人生哲学ものの形式をとった、戦国武将歴史小説の形式をとった、一向宗の教えを語る(は少し嘘だな)、いろいろに味わえる小説だった。一言なら伝奇小説だな。

村重が相談相手に足るものが城中に誰もいないので織田家臣団にいたときは多士済々で良かったなと述懐したり、それを見越して官兵衛が偉そうに振舞ったりするのがおもしろい。

当然、歴史小説なので最後に黒田官兵衛は救出されるし荒木村重は名物を抱えて逃げ出すのだが、巧妙に組まれていておもしろかった。

黒牢城 (角川書店単行本)(米澤 穂信)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|

ジェズイットを見習え