トップ «前の日記(2023-04-30) 最新 次の日記(2023-05-03)» 編集

日々の破片

著作一覧

2023-05-02

_ 独裁者たちのとき

ユーロスペースで、独裁者たちのとき。

太陽牡牛座でソクロフの語り口のうまさは知っているので実に楽しみに観に行った。

天国の門らしき前で(最初は待合室かも)、スターリン、ヒットラー、チャーチル、ムッソーリーニが門の内側に入れてもらうのを待ちながら、お互いに会話したり複数写して兄弟として自分と語り合う。

最初の待合室の寝台にはキリストが寝ている。話の中で毛沢東が出てくる。

というわけで興味津々に観ている。

構図は抜群、最初にCGとかDeep Fakeとかは使ってないよと出しているので、後から役者を使って撮った映像とドキュメンタリー映像を重ねたり繋ぎ合わせたりして作っているのだろう。

ボカノウスキーの天使の記憶が甦る。イーノの木曜日の午後とか、あの頃はこういったぼやーっとした―ヴァーグという言葉を思い出すがヌーベルバーグのバーグではなく英語のヴェイグのほうだ―映像作品が流行ったな。

というわけで楽しく20分くらい観ていたが、特にヒットラーに顕著だが引用らしいのだがさっぱり元のコンテキストが見えない台詞が増えてきて、しかし映像は単調で、うんざりしてきた。

どれだけ構図が美しく、表現が特異でも、20分は長過ぎる。美術館で1つの彫刻を細部まで観て堪能しまくるには十分な時間だ。コンテキスト(物語という仕組みでも良い)があれば、それによって時間を消費できるが、それは見えない。

しかしそれが90分近く、つまりまだ1時間もあるのだ。

チャーチルがなぜか天国の門をくぐる。ペテロはどこだ? 薄汚い男がそうなのかな。

というわけでつまらなかった。

予告編でフドイナザー回顧展(というか死んでいたのか)のほうが1億倍観たいぞ(というか、最後の作品は観ていなかった。ルナパパがいまいちだったからだ)


2003|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|

ジェズイットを見習え